Top >  投資信託はいくらから買える?

投資信託はいくらから買える?

「投資」と聞くと、何となくまとまった資金が必要になるイメージを持ってしまうもの。株取引でも外国為替証拠金取引でも、できるだけまとまった余剰資金で投資をするほうが賢明だ

と言われていますよね。それでは投資信託の場合、いったいどれほどの金額から購入することができるのでしょうか。投資信託の特徴・魅力は、少ない額で手軽に始めることができるこ

と。じつは投資信託の多くは1万円前後から購入することができるんですよ。また毎月1万円ずつ・・・といったように、積み立てで購入することも可能。これならまとまった資金がなく

ても、毎月のちょっとした余剰資金で投資信託を始めることができそうですよね。

じつは投資信託を購入するときの金額である「基準価格」は、日々変動するもの。そのため、投資信託は購入申し込みの時点では購入金額がまだ決まっていません。実際の受け渡し金額

が決まるのは、購入申し込みの翌日以降になります。また投資信託の購入方法は2通りあります。1つは口数を指定して購入する「口数指定」、もう1つが10万円や50万円などのキリのよい

金額で購入する「金額指定」です。口数指定のメリットはキリのよい口数で買えること。また購入申し込み当日の基準価格も翌日には確認することができるため、受渡価格を自分で計算

することができます。金額指定の場合は受渡価格に手数料もすべて含まれるため、あらかじめ決めておいた予算どおりに買えるのがポイント。ただし基準価格がわかるのは翌日以降にな

るため、申し込み時に購入口数を把握することはできません。

投資信託は1万円から気軽に買うことができる金融商品。しかしその購入方法は2通りあります。ただ、投資信託や取扱い会社によってはどちらか一方の購入方法しか取扱いがないところ

もあるので、事前にしっかりチェックするようにしたいですね。