Top >  投資信託の分配金

投資信託の分配金

投資信託には、定期的に分配金を出す分配型投資信託と出さない投資信託があるということ、あなたはご存知ですか?単純に言葉だけで見てしまうと、分配金を出さない投資信託は何だ

か損なような気がしてしまいがちですが、じつはそんなことはありません。ではこの投資信託の分配金とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

投資信託は、多くの投資家から集めた資金を投資のプロであるファンドマネージャーが運用するもの。運用時の投資先は株式であったり債券であったりするのですが、投資した株式から

は「配当金」が、そして債権からは「利子収入」が入ります。また投資している株式や債券を売買すれば「売買益」も発生します。こうした収益が投資信託の分配金の「分配原資」とな

るんですよ。この収益の金額は一定ではないため、分配金の金額はその時々によって変わってしまうんです。

この分配金の受け取り方は2種類あります。まず一つ目は支払われる分配金をそのまま受け取る「分配金受け取り型」。もう一つは支払われる分配金を自動的に同じ投資信託に再投資する

「分配金再投資型」です。分配金の出る投資信託のほとんどが、その受け取り方をこの2種類に規定しているようです。投資信託の販売会社によっては、この2種類のどちらを選ぶか選択

できるところもあるようなので、投資信託を選ぶ際には分配金に関する項目をしっかりチェックするようにしましょう。

またこの分配金は、投資信託の運用成果が悪ければ出ないこともあります。分配金を支払うかどうかを判断するのは運用会社。こうした運用会社の分配方針は、投資信託説明書で確認す

ることができるようになっています。分配金の受け取りの有無選択とあわせて、運用会社の分配方針もチェックするようにしたいですね。