Top >  投資信託にかかるコストって?

投資信託にかかるコストって?

投資を行なう際に必ず気にかけなければならないこと、それはその投資にかかってしまうコストのことです。どれくらい利益を得ることができるかばかりに気を取られて、意外と見落と

されがちなこのコスト。投資信託の場合は、どのようなコストがかかるのでしょうか。

まず、投資信託を購入する際には購入手数料や消費税相当額というコストがかかります。投資信託の金額や商品によってその額に違いはあるものの、おおむね申し込み金額の1~3%程度と

いう設定が一般的になっています。この購入手数料は上限が決められているだけで、実際の手数料金額に関してはその範囲内で各販売会社が個別に決めているんですよ。だから同じ投資

信託でもいくらの金額のものをどこで買うかによって、手数料金額は変わってくるんです。できるだけコストを抑えたいのであれば、投資信託を購入する前にいくつかの販売会社のウェ

ブサイトなどで手数料金額を比較するとよいかもしれませんね。

またこうした購入手数料以外にもかかるコストがあります。投資信託を保有している間には、運用のための費用や報酬である信託報酬、監査のための費用である監査報酬、普通分配金に

対する所得税・住民税が必要になります。投資信託を換金する際には手数料のほかに信託財産留保額がかかる場合がありますし、個別元本を超えた収益に対しては所得税・住民税がかか

ることになります。さらに償還時にも元本を超えた収益に対しては所得税・住民税がかかります。

このように投資信託にはコストがかかります。購入手数料が安くても信託報酬がかなり高めという場合も。投資信託を購入する際には、購入してから換金するまでにどの程度のコストが

かかるのかを確認するようにしましょう。

学資保険の事なら学資保険 資料請求で検索してみてね♪
医療保険は口コミで選ぶな!アナタに必要な医療保険は自分で決める