Top >  FXと外貨預金

FXと外貨預金

外国の通貨を取り扱う商品としては、FXと外貨預金が広く知られています。資産運用の方法として、あるいは財テクの手段として活用する場合、どちらの方が適しているのでしょうか。そのためには両者の比較がまず重要になってきます。

最大の違いはコストにあります。FXの場合はスプレッドと手数料ともに非常に低く、手数料が無料の業者も増えています。その一方、外貨預金は預入、引き出しともに手数料が発生するため、せっかくの利益がそれで消えてしまう場合があります。それからリスク。FXはレバレッジをかけることによってハイリスクハイリターンを狙うことができる一方、レバレッジを抑えることでローリスクローリターンで運用することも可能です。それに対して外貨預金はローリスクな反面、高い利益が期待するのが難しい面があります。これらの違いはFXが人気を集めている要因でもありますが、よく把握した上で判断した方がよいでしょう。